toeicで高得点をとるために日々しておきたい英語の勉強方法

最近では、語学力が必要な会社が多くなってきました。入社試験を受ける時点で、ビジネスレベルの語学力がなかったらエントリーすらできなかったり、社内公用語が英語だったりと、ビジネスレベルを求められることが多いです。そこで、今回はtoeicで高得点を取るために日々しておきたい勉強方法をご紹介します。定められたスコアを取らないと、就職活動や転職活動に不利になってしまう人が多いと思うので、参考になればと思います。今回は、ボキャブラリーを増やしてリーディング力を養う方法と、リスニング力をつける練習の2点について、勉強方法を述べます。試験ではリーディングとリスニングのテストがあるため、毎日コツコツと学ぶことが、スコアをアップさせるための必須条件です。

リーディング力を養う方法について

まず、toeicの半分以上はリーディングが占めます。75分間、集中して解答することになりますが、時間が長いようで実は問題量が多いため、効率よく解かないと終わりません。また、問題用紙にメモを書くことはできないため、読んだ文章は覚えておく必要があります。そんなリーディングの試験を乗り切るためには、ボキャブラリーを増やすことが必須です。方法としては、まずノートの左側に単語を書き、右側に日本語を書きます。最初は英語を見て日本語がスムーズに答えられるように練習し、それができたら逆をやります。両方クリアしたら、人に英単語をランダムに読んでもらい、なるべくはやく日本語を答える練習をします。スピードを求める事で、速読力にもつながるため、スコアアップにつながります。

リスニング力を鍛えるためにすること

リーディングの次は、リスニングです。リスニングの練習は、シャドーイングが有効でしょう。まず、英語教材になっている映画でも、toeicのリスニング問題でも構いません。CDを聞きながら、それに被せるように読んでいきます。最初はスムーズにいかないと思いますが、何度もやっているうちにCDと同じように喋れるようになります。この時、分からない単語はノートに書きだし、先ほどご紹介した方法で暗記します。そして、余裕のある人は発音もしっかりと真似しましょう。聞き取れるようになるためには、発音できないといけません。毎日少しずつシャドーイングをしてtoeicで高得点を取れるように訓練しましょう。以上、高得点を取るために日々やっておきたい英語の勉強方法をご紹介させていただきました。